sitemap

札幌市東区の内科、消化器内科、糖尿病内科、小児科の病院

特定医療法人とこはる 東栄病院

011-782-0111

札幌市東区北41条東16丁目3-14

地下鉄東豊線栄町駅 4番出口横

医学豆知識

高額療養費制度
高額療養費制度とは
高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)とは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。
高額療養費制度を受けられる場合
下記の自己負担限度額を超えた場合、この制度を受けることが出来ます。

[70歳未満の方]

所得区分 ひと月あたりの自己負担限度額
年収約1,160万円~

(健保:標報83万円以上)
(国保:年間所得901万円超)
252,600+(医療費-842,000)×1%
(多数回該当:140,100)
年収約770~約1,160万円

(健保:標報53万~79万円)
(国保:所年間所得600万~901万円)
167,400+(医療費-558,000)×1%
(多数回該当:93,000)
年収約370~約770万円

(健保:標報28万~50万円)
(国保:年間所得210万~600万円)
80,100+(医療費-267,000)×1%
(多数回該当:44,400)
~年収約370万円

(健保:標報26万円以下)
(国保:年間所得210万円以下)
57,600
(多数回該当:44,400)
住民税非課税 35,400円
(多数回該当:24,600)

[70歳以上の方]

所得区分 1か月の自己負担限度額
個人単位(外来のみ)
1か月の自己負担限度額
世帯単位(入院含む)
現役並み所得者
(年収約1,160万円~)
252,600円+(医療費-842,000)×1%
(多数回該当:140,100円)
現役並み所得者
(年収約770万円~約1,160万円)
167,400円+(医療費-558,000)×1%
(多数回該当:93,000円)
現役並み所得者
(年収約370万円~約770万円)
80,100円+(医療費-267,000)×1%
(多数回該当:44,400円)
一般
(年収約156万円~約370万円)
18,000円
(年間上限144,000円)
57,600円
(多数回該当:44,400円)
住民税非課税世帯2
8,000円 24,600円
住民税非課税世帯1
(年金収入80万円以下等)
15,000円

※世帯合算
お一人の一回分の窓口負担では、高額療養費の支給対象とはならなくても、複数の受診や同じ世帯にいる他の方(同じ医療保険に加入している方に限ります。)の受診について、窓口でそれぞれお支払いになった自己負担額を1か月(暦月)単位で合算することができます。ただし、70歳未満の方の受診については、2万1千円以上の自己負担のみ合算されます。

※多数回該当
直近の12か月間に、既に3回以上高額療養費の支給を受けている場合には、その月の負担の上限額がさらに引き下がります。

どのような医療費が、高額療養費制度の支給の対象となりますか
保険適用される診療に対し、患者が支払った自己負担額が対象となります。医療にかからない場合でも必要となる「食費」・「居住費」、患者の希望によってサービスを受ける「差額ベッド代」・「先進医療にかかる費用」等は、高額療養費の支給の対象とはされていません。
高額療養費の支給申請はどのように行えば良いですか
ご自身が加入している公的医療保険(健康保険組合・協会けんぽの都道府県支部・市町村国保・後期高齢者医療制度・共済組合など。以下単に「医療保険」といいます。)に、高額療養費の支給申請書を提出または郵送することで支給が受けられます。病院などの領収書の添付を求められる場合もあります。
入院する場合に、窓口での支払いを負担の上限額までに抑えるには
入院する前に、ご加入の医療保険から「限度額適用認定証」又は「限度額適用認定・標準負担額減額認定証」の交付を受け、医療機関の窓口でこれらの認定証を提示する必要があります。
 ページトップに戻る