sitemap

札幌市東区の内科、消化器内科、糖尿病内科、小児科の病院

特定医療法人とこはる 東栄病院

011-782-0111

札幌市東区北41条東16丁目3-14

地下鉄東豊線栄町駅 4番出口横

医学豆知識

逆流性食道炎
はじめに
誰でも「胸やけ」がすることはありますが、この胸やけが食事ごとに起こったり、強い痛みになるようだと厄介です。一口に胸やけといっても原因は様々ですが、最近増える傾向にある逆流性食道炎について説明いたします。
逆流性食道炎の原因

食道から胃に移行する部分は、括約筋の働きで食べ物が通るとき以外は閉じていて、胃酸の逆流を防いでいます。この機能が老化や手術などのために衰えてしまうと胃酸や胃の内容物の食道への逆流がおこります。健常な人では、食道の蠕動運動によってこの逆流物を押し戻すことができますが、これが正常に働かなくなると、強い酸性の胃液に食道粘膜が長時間さらされることになります。胃とは異なり食道には粘液がないため酸に弱く、粘膜に炎症が生じてただれた状態になります。これが逆流性食道炎です。

胃酸は肉や脂肪分の多い洋食のほうが和食よりたくさん分泌されるため、食生活の欧米化によって逆流性食道炎がふえていると考えられています。また、肥満になると腹圧によって胃酸が上がってきやすくなります。その他、食道が横隔膜を通過する部分の靱帯や筋肉がゆるむ食道裂孔ヘルニアの場合にも逆流が起こり、高率に逆流性食道炎を起こします。

逆流性食道炎の症状
逆流性食道炎の代表的な症状は胸やけです。これは胸の中心部や胸骨の裏側に感じられる熱く、焼けるような感じを訴えるものですが、人によっては酸っぱい水や苦い水がのどまであがってくると訴える人もいます。その他に、胸のあたりがしみる食べ物がつかえる、飲み込みにくい、げっぷとともに胃酸が逆流する、横になると症状が出やすいなどと訴える人もいます。<\
逆流性食道炎の検査

胸やけ・胸痛が気になったら、ぜひ内視鏡検査をうけて下さい。というのは頻度は少ないですが、食道癌や狭心症、心筋硬塞などでも胸やけや胸痛などの症状を起こすことがあるからです。怖い病気の早期発見のチャンスと思って、内視鏡検査をうけて下さい。

内視鏡所見は食道が白く、または赤く変色する「色調変化型」とさらに進行した「潰瘍・びらん型」に分かれます。ただし、内視鏡による診断と自覚症状とは必ずしも一致せず、自覚症状があっても六割くらいの人にはびらんも潰瘍も色調変化もみられません。

逆流性食道炎の治療
  • 生活様式の改善
  • 脂肪の多い食物は、胃からの排出が遅れるので控えめにします。胃液の分泌をうながすようなアルコール、コーヒー、香辛料等の刺激物、酢っぱいものなどのとりすぎにも注意が必要です。たばこも同様に胃酸の分泌を増やすといわれていますので、できるだけ控えてください。大量に食べれば胃酸も大量分泌されますので、暴飲暴食はつつしみ、腹八分目を目安とし、肥満や便秘を解消するようにして下さい。間食も食べるたびに胃液が分泌されるのでさけてください。食後はすぐに横にならないようにし、寝る前の最低二時間は食べ物を食べないようにしましょう。
    また、寝る時には右を下にするか上半身を少し高くして横になるようにしましょう。ベルト、帯、ガードルなどでお腹を締め付け腹圧を上昇させるような服装はやめ、前かがみの作業も胃液の食道への逆流をおこしやすいのでできるだけさけるようにして下さい。

  • 薬物療法
  • 薬物治療の基本は酸分泌抑制剤と消化管運動賦括剤です。
    酸分泌抑制剤で最も効果的と言われているのはプロトンポンプ阻害剤です。プロトンポンプ阻害剤は胃酸を分泌する胃粘膜壁細胞の段階でブロックするので、極めて強力な酸分泌抑制作用を有し、胸やけなどの症状が速やかに回復します。
    消化管運動賦括剤は食道や胃の運動を調節する薬剤です。単独では効果は充分ではありませんが、酸分泌抑制剤の補助的な薬として用いられます。
    症状にあわせた治療が必要ですので外来受診するようにしてください。
 ページトップに戻る