sitemap

札幌市東区の内科、消化器内科、糖尿病内科、小児科の病院

特定医療法人とこはる 東栄病院

011-782-0111

札幌市東区北41条東16丁目3-14

地下鉄東豊線栄町駅 4番出口横

医学豆知識

脂肪肝
脂肪肝とは

脂肪肝とは、肝臓の細胞の内部に中性脂肪の滴がついた(沈着した)状態で、様々な程度の肝障害を呈します。

脂肪肝にかかっている人は年々増加しています。人間ドック受検者の20~30%は脂肪肝であると報告されていますが、近年さらに増加しているようです。この頻度は、あらゆる肝臓病の中で最多です。B型肝炎のウイルスに感染している人は日本人の1%前後、C型肝炎では1~2%とされていますので、脂肪肝の頻度がいかに高いか、お分かりいただけると思います。

脂肪肝は、放置してもかまわない病気だと考えられてきました。しかし1980年代以降は、脂肪肝の中に、肝臓の線維化(固くなる変化)が進行して慢性肝炎(脂肪性肝炎)となり、さらに肝硬変や肝臓癌へ進行するものがあるという事実が知られるようになってきました。脂肪肝だと思って放置していたら、知らないうちに肝硬変となり、肝臓癌が突然発見される可能性があるのです。

脂肪肝の原因

脂肪肝には、アルコールの過剰な摂取が原因のアルコール性肝疾患(Alcoholic Liver Disease:ALD)と、アルコール摂取量が少ないのに脂肪肝となってしまう非アルコール性脂肪性肝疾患(Non-Alcoholic Fatty Liver Disease:NAFLD)があります。

飲酒量がエチルアルコールに換算して1日30g以下(男性の場合。女性では20g以下)の場合は、後者のNAFLDと考えられます。この量は、日本酒1合、またはビール500mlに相当します。

アルコール性肝疾患(ALD)による脂肪肝の人がそのまま飲酒を続けると、肝障害が進行して肝硬変となり、肝臓癌を発症する可能性があります。アルコールは肝臓だけでなく消化管(逆流性食道炎など)、心臓(アルコール性心筋症)、神経(大脳萎縮や末梢神経障害(しびれ、歩行障害など))、精神(依存症、うつ病、睡眠障害、自殺など)など種々の障害を起こします。アルコールの毒性は、薬物で消せませんので、禁酒していただくしかありません。

アルコールが原因でない脂肪肝(NAFLD:非アルコール性脂肪性肝疾患)の原因は、ほとんどが食べ過ぎ(過食)です。食べ過ぎると、食事に含まれる過剰な脂肪が中性脂肪となって、初めは皮下脂肪として蓄積されますが、消費しきれない脂肪は肝臓に蓄積されます。また、過剰なカロリーは中性脂肪に変換され、肝臓に蓄積され、脂肪肝となります。


危険な脂肪肝!非アルコール性脂肪性肝炎

NAFLDは、非アルコール性脂肪肝(NAFL)と非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に分かれます。過去に無害とされてきた脂肪肝はNAFL、最近知られるようになった肝硬変・肝臓癌へ進行する危険な脂肪肝はNASHです。NASHは、NAFLD全体の10~20%とされています。NASHの方は肝臓癌のリスクがあるので、定期的なCTや超音波検査を行う必要があり、放置してはいけません。

脂肪肝が、無害なNAFLか、危険なNASHかの区別はどうしたらできるでしょうか。実は、これが大変難しいのです。健康診断で測定される血液検査のAST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPではNASHかNAFLか判定できません。血液検査で脂肪肝の中から何とか危険なNASHを見つけ出すために、いろいろな血液検査を組み合わせて計算式で算出するシステムがいくつか提案されていますが、まだ不確実です。

診断の確定には、肝生検(肝臓の組織を体表から針で採取する検査。危険を避けるため超音波検査で針の方向を確認しながら行う。1泊2日の入院が必要)が必要です。当院でも肝生検を行っています。数百分の一の確率で、針を刺した部位からの出血などの合併症が報告されています。

非アルコール性脂肪肝炎の治療

NASHの治療で最も有効なのは、食事制限による体重の減量です。体重を現在の7%減量できれば、脂肪肝は顕著に改善すると言われています。体重60kgの人は、4~5kg減らせばよいのです。

何かいい薬物療法はないでしょうか?残念ながら、現状ではあまりいいものはありません。NASHに糖尿病が合併している場合は糖尿病治療薬のピオグリタゾン、糖尿病が合併していない場合はビタミンEが推奨されています。しかし、すべての方に効くわけではありません。既存の肝臓病治療薬は、NASHに対する有効性は確認されていないか、否定されています。いろいろな新規薬剤が開発されていますが、私たちの手に入るまではまだ数年を要します。

やはり脂肪肝の方は、食事を制限して、やせていただくしかないでしょう。もし脂肪肝と言われた方が、実は危険なNASHならば、やせられないと肝硬変や肝臓癌になってしまうので、命がけでやせなければなりません。


人間ドックや健康診断などで、「脂肪肝」と診断された方は、「症状がないから」「食事制限や運動をするから大丈夫」と自己判断せずに肝臓専門医による精密検査をお勧めいたします。

 ページトップに戻る